わかりやすい成年後見の総合情報サイト

よく見られている記事

このような場合に成年後見は終わります(後見終了の原因)

  成年後見の終了原因には、 「ご本人が後見を必要としない状態になる場合(絶対的終了原因)」と、 「後見そのものは終了せず、後見人の交替が生じる場合(相対的終了原因)」、 大きく分けて、この2つの原因があります。 終了原因の多くはご本人の「死亡」とな... 続きを読む

任意後見 ~ 移行型 ~

任意後見制度を利用するためには、「任意後見契約の締結」と「任意後見監督人」の選任という2つの手続きが必要ですが、任意後見契約締結~(判断能力が低下)任意後見監督人の選任の間における時間差の違いやその他の支援の有無により、任意後見の利用の仕方として、 「将来型」... 続きを読む

任意後見 ~ 即効型 ~

任意後見制度を利用するためには、「任意後見契約の締結」と「任意後見監督人」の選任という2つの手続きが必要ですが、任意後見契約締結~(判断能力が低下)任意後見監督人の選任の間における時間差の違いやその他の支援の有無により、任意後見の利用の仕方として、 「将来型」... 続きを読む

任意後見の形態 ~ 将来型 ~

  任意後見制度を利用するためには、「任意後見契約の締結」と「任意後見監督人」の選任という2つの手続きが必要ですが、任意後見契約締結~(判断能力が低下)任意後見監督人の選任の間における時間差の違いやその他の支援の有無により、任意後見の利用の仕方として... 続きを読む

本人(成年被後見人・被保佐人・被補助人)が死亡したときの連絡

  病気となったご本人(成年被後見人・被保佐人・被補助人)の病状が悪化してから亡くなるまでの期間は、数日のこともあれば1ヶ月以上のこともあります。 「容態急変によって死亡した場合」や「(親族が)遠方に住んでいたため間に合わなかった」、その他さまざまな... 続きを読む

後見人を辞める方法(辞任手続)

  後見人は、家庭裁判所が正当な事由があると認めた場合にしか辞任することができません。 これは、成年後見制度が判断能力が不十分な人の権利を擁護するための制度であって、もし、自由に辞任ができるとしたら、ご本人の利益を侵害する恐れがあるからです。 &nb... 続きを読む