わかりやすい成年後見の総合情報サイト

よく見られている記事

火葬又は埋葬の契約やその他相続財産の保存に必要な行為をするには

  成年後見人は、ご本人が亡くなることによってその権限を失います。 しかし、必要があるときは、成年後見人は、ご本人の相続人の意思に反することが明らかなときを除き、相続人が相続財産を管理することができるに至るまで、次の行為をすることができます。 &nb... 続きを読む

任意後見のメリット(長所)

  任意後見には法定後見にない様々なメリット(長所)がありますので、ご紹介します。 任意後見制度のメリットとして一番の特徴は、何といっても、「後見人となる者を自分で決められること」です。 法定後見の場合は、家庭裁判所が後見人の決定権があるため、必ずし... 続きを読む

任意後見 ~「見守り契約」~

  見守り契約とは、任意後見契約締結後、ご本人の判断能力が衰え、任意後見監督人が選任されて任意後見が開始されるまでの間、場合によっては、契約をしてから数十年顔を合わせないとような状況もあり得ます。 そのような日々の関係が希薄となっている状況でご本人の... 続きを読む

後見制度支援信託とは

後見制度支援信託は、ご本人が日常生活で使用する分を除き、全額信託銀行等に信託することで、後見人による本人の財産の横領を防ぐ制度です。 これにより、信託財産を払い戻したり、信託契約を解約したりするには、その都度、家庭裁判所の指示書が必要になるため、後見人が勝手に... 続きを読む

市民後見人とは

  市民後見人とは、親族による後見人でもなく、司法書士や弁護士などの専門職による後見人でもない、ご本人と全く関係の無い方による後見人のことです。 市民後見人は、市区町村等が実施する養成研修を受講するなどして、必要な知識を得た一般市民の方が、家庭裁判所... 続きを読む

成年後見と遺産分割協議(相続手続き)

  相続人の中に認知症により判断能力に問題がある方がいる場合、相続財産を分けるための遺産分割協議には、この相続人の代わりに成年後見人を入れる必要があります。 何故ならば、遺産分割協議には、相続人全員が参加しなければならず、また、判断能力を失っている人... 続きを読む

1 / 812345...最後 »