わかりやすい成年後見の総合情報サイト

よく見られている記事

ご本人(被後見人)の容態や病状が悪化したり危篤になった際に後見人がすべきこと

  ご本人の病状が悪化したり危篤状態になったりしたときは、親族に連絡をとり、次のことを伝えます(確認します)。 ご本人の容態や入院先の病院等の情報を知らせる。 ご本人の状況を伝え、もしもの際は親族にて葬儀等をしてもらえるのか。 その際の葬儀や納骨等... 続きを読む

成年後見人と本人(被後見人)が利益相反する場合

・ 相続が開始し、成年後見人と被後見人がいずれも相続人である場合(例えば、親子ともに相続人である場合)において、遺産分割協議を行う場合。 後見人と被後見人がいずれも相続人である場合で、被後見人が相続放棄をする場合。 成年後見人が個人的に金融機関から借入れを行... 続きを読む

ご本人(被後見人)の医療や入院② ~後見人の医療同意~

  後見人には医療行為についての同意権はありませんが、医療に関することで、できることもあります。 まず、「医療契約や入院契約」、「リネンや病衣のリース契約」について、後見人は法定代理人として契約を締結することができ、 その結果、これら「入院費や医療費... 続きを読む

「身上監護」後見人の仕事は財産管理だけではありません

  身上監護は後見人の重要な仕事です。 身上監護とは、本人の精神・身体の状態や生活の状況全般を把握し、本人の思いを尊重しながら、本人がその人らしい生活を送ることができるように、生活の質に配慮し、医療・介護・福祉等の生活全般の手配や契約を行うことです。... 続きを読む

このような場合に成年後見は終わります(後見終了の原因)

  成年後見の終了原因には、 「ご本人が後見を必要としない状態になる場合(絶対的終了原因)」と、 「後見そのものは終了せず、後見人の交替が生じる場合(相対的終了原因)」、 大きく分けて、この2つの原因があります。 終了原因の多くはご本人の「死亡」とな... 続きを読む

任意後見 ~ 移行型 ~

任意後見制度を利用するためには、「任意後見契約の締結」と「任意後見監督人」の選任という2つの手続きが必要ですが、任意後見契約締結~(判断能力が低下)任意後見監督人の選任の間における時間差の違いやその他の支援の有無により、任意後見の利用の仕方として、 「将来型」... 続きを読む

任意後見 ~ 即効型 ~

任意後見制度を利用するためには、「任意後見契約の締結」と「任意後見監督人」の選任という2つの手続きが必要ですが、任意後見契約締結~(判断能力が低下)任意後見監督人の選任の間における時間差の違いやその他の支援の有無により、任意後見の利用の仕方として、 「将来型」... 続きを読む