わかりやすい成年後見の総合情報サイト

よく見られている記事

市民後見人とは①

  市民後見とは、その名の通り、一般市民の方が成年後見人となって、認知症等により判断能力が不十分な方の財産管理等の後見執務にあたることを言います。 市民後見人は、司法書士や弁護士、社会福祉士などの資格は持たないものの、社会貢献への意欲や倫理観が高く、... 続きを読む

ご本人死亡後の葬儀や入院費の支払いについて(死後事務)

  ご本人が亡くなることによって成年後見・保佐・補助は終了します。 従いまして、ご本人死亡後は原則として、成年後見人はご本人の葬儀など、死後の手続きを行うことができません。 しかし、成年後見人は、ご本人(成年被後見人)の死亡後も、死後事務を行うことが... 続きを読む

本人(被後見人)死亡後の後見事務

  ご本人が亡くなることによって成年後見人等の任務が終了しますが、成年後見人は、任務終了にともなう事務を行う必要があります。 なお、通常は市区町村への死亡届は親族が提出しますが、親族でない成年後見人等も行うことができます。 成年後見人は、本人が死亡し... 続きを読む

成年被後見人も遺言書をつくることができるのか?

  遺言とは、人の生前における最終的な意思表示を尊重し、遺言者の死後、その意思を実現させる為に制度化されたものです。 そして、成年被後見人も遺言を作成することは可能で、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のいずれの方式でも作成が可能です。 但し、... 続きを読む

任意後見契約公正証書の作成【必要書類と手数料(費用)】

  任意後見契約は、公正証書で作成しなければならず、私文書でこれを作成しても効力が発生しません。 そして、公正証書にて任意後見契約を作成するためには、公証人役場で手続をする必要があります。 公正証書にする手続に必要書類は、原則として次のとおりです。 ... 続きを読む